Nianticでの生活

Nianticは、拡張現実のゲームを最初の重点目標とした世界有数の拡張現実(AR)企業です。 Nianticは、Pokémon GO、Pikmin Bloom、主力タイトルの Ingress: Primeなど、モバイル、AR、ロケーションベースのゲームを作り出すことで、新しい場所を発見し、新しい人々と出会い、より健康的になることを人々に奨励しています。 Nianticとその従業員は、プラットフォームテクノロジーが人々の遊び方、交流の仕方、つながり方を変え、さらにデジタルと物理の世界を統合することでARが変革をリードし続けると強く信じています。

私たちの価値

Nianticは、人々が仲間とともに世界を探索するお手伝いをします。

まず価値あるゴールを

私たちは、探索、運動、人々の交流を通じてユーザーの生活を豊かにすることを第一に考えます。そしてテクノロジーを活用することで、世界を再発見し、一緒に出かけ、探索をする、そして人生を楽しむことができる、そんな製品を作っていきたいと思っています。

みんなで同じ船に

私たちは最高の製品を作りたいと考えています。そのためには、多様性のあるチームを作り、そのチームの一人ひとりが安全に、尊重される環境を作り、そのチームの人達が見るそれぞれのアイディアをもとに革新的なサービスを作っていきたいと思っています。

強いリーダーシップと共に

リーダーがチームを鼓舞するための最善の方法は、リーダーが努力を惜しまず、チームと会社の成功のために必要なことは何でもすることだと私たちは知っています。

中間目標を明確に、あとはまっすぐに

私たちは、データとロジックに裏付けされた健全な議論を歓迎します。一度決定したら(意見の一致、必要に応じてグループリーダーの判断によって決定)、スピードと大胆さをもって次の目標に進めるよう、100%の力を注ぎます。

本音で語り合い、ミッションを信じる

私たちは、会社と私たちの建設的な目的を果たすために、真実のみを語ります。私たちは、シニカルであったり、嘘をついたり、他人を傷つけたり嫌な思いをさせることを目的とした言論を支持しません。

最後までやり遂げる

私たちには、やり遂げる責任があります。単にメールに返信するだけではありません。Nianticの社員の誰かが「私に任せてくれ」と言ったとき、その社員はやり遂げ、周りの社員はその言葉を信じます。

難局をのり越える

私たちは常に成功するわけではありません。でも、それでいいと考えています。失敗した時は、誰のせいにするかではなく、どうすれば改善できるかを考えればいいんです。

頂上を目指す

Niantic が成し遂げようとしている大きなチャンレンジは世界でも有数の強大な企業も競い合っています。そしてその強い相手に対して果敢に挑戦していくことになることを私たちは理解しています。しかしながら、強大な競争相手に対しても、集中し、素早く行動し、時には忍耐力を持って、挑戦し続けます。それが私たちの強みです。

Nianticの所在地

サンフランシスコ サニーベール ベルビュー ロサンゼルス ロンドン ハンブルク 東京 チューリッヒ

サンフランシスコのオフィスは、歴史的価値のあるFerry Buildingの2階にあります。この建物は1898年に初めてオープンし、1930年代にゴールデンゲートとベイブリッジが建設されるまで、市内の主要交通機関をつなぐ中心地でした。現在は主にオフィススペース、50軒を超えるさまざまなショップやレストランが並ぶFerry Building Marketplace、および週に2回開かれるFarmer’s Marketで占有されています。2017年後半からこの建物に本社を構えています。

当社の7階建てのオフィスビルは2001年に建設され、主要な高速道路や公共交通機関に近いダウンタウンエリアの便利な場所にあります。コーヒーショップ、レストラン、ジム、ショッピングエリアが数多くあり、すべてが当社のオフィスから徒歩圏内にあります。

1983年にオープンしたOne Bellevue Centerは、多くのレストラン、ショッピングセンター、美術館と、ダウンタウンの公園があるDowntown Bellevueにあります。Downtown BellevueはDowntown Seattleからわずか16kmです。

当社のオフィスビルは1956年に建てられ、カルバーシティー内にあります。このオフィスはCulver City Metro駅の向かい側に位置し、プラットフォームのすぐ近くにショップがあり、シリコンビーチとして知られる新興のテクノロジーハブの真ん中にあります。

当社のロンドンのオフィスは、ロンドンのウェストエンドの中心部にある新しく改装された建物の4フロアを使用しています。オフィスには床から天井までの窓があり、屋上テラスからはロンドン大観覧車やビッグベンなどの象徴的な場所を一望でき、ナショナルレールと地下鉄の主要駅から徒歩圏内の便利な場所にあります。多種多様なフィットネススタジオやジム、コベントガーデンの数多くのブティックやショップ、ナショナルポートレートギャラリーやサマセットハウスなどの文化的アトラクションがすぐ近くにあります。

1905年に建てられたハンブルクのKaufmannshausは、2013年に改造され、現在はかつてのオフィスビルの独占的な魅力で輝いています。ハンブルクの従来のショッピングおよび通路街(Große Bleichen)の真ん中に位置し、高級小売店とオフィススペースがあります。Hamburg-Neustadtに位置し、Bleichenfleetを直接眺めることができるこのモダンなスペースは、rent24コワーキングオフィスの本拠地です。

現在、ハンブルクでの求人はありません

米国外で最初に設立されたNiantic Tokyoは、東京の青山地区にあります。東京オフィスのあるビルは、地下鉄駅、CVS、レストランに地下で直接アクセスできます。2020年のオリンピックスタジアム、公園、美しいイチョウ並木がオフィスの近くにあり、常に四季を連想させます。

Niantic Switzerlandは、チューリッヒの中心部にあるモダンで活気のあるコワーキングスペースにあり、パラデプラッツからわずか1分です。現在、非常に小規模ですが、コワーキングスペースに独自のオフィスルームがあります。同時に、すべてのアメニティ(自社内のコーヒーバリスタなど)を利用できます。あらゆる種類のショッピングとエンターテインメントがすぐ近くにあり、最初のIngressポータルもいくつかあります。

現在、チューリッヒでの求人はありません

当社の従業員

当社は従業員に「Nianticでどんな仕事をしているときが一番好きですか?」と尋ねました。

At Niantic, the people around me inspire me to improve and learn every day. Everyone is happy to share their knowledge and experience, and lift up the people we work with.

Anna Greenfield

Technical Program Manager Platform ベルビュー

We can realize unique ideas to the actual product, and it brings happiness to our players.

Naoyuki Ishitsuka

Senior User Experience Designer Pokémon GO 東京

Even after over a year of working here, it’s hard to believe my job is to bring out the best in Pokémon. I’m able to put my heart into the iconic characters that I grew up with, and have that hard work reach millions of players.

Ethan Chan

Software Engineer Pokémon GO 東京

I love working at Niantic because I believe we have a supportive, inclusive culture, where folks are encouraged to be their authentic selves. Our mission to get folks outside, exercising and exploring their communities resonates with me. Niantics have a lot of passion for our products, we’re all in it together and we want the company to be successful. As part of the recruiting team, I try to represent our values, and I have a clear understanding of how my work positively affects the company.

Camille Conrotto

Senior Recruiter People サンフランシスコ